×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガルシアマルケスゴーシュ プレミアムブックを買おう!情報!

ガルシアマルケスゴーシュ プレミアムブックを買おう!

カテゴリー :ガルシアマルケス ゴーシュ

限定販売として2006年から毎年1度出されている「クリスタルボール/ガルシアマルケスゴーシュ・プレミアムブック」がスゴイ人気です。
価格は3000円弱で、NYLON JAPANという雑誌を発行する出版社であるトランスメディア社が発刊しています。春夏コレクションを人気モデル、アスリート、女優等が着こなしているファッション本です。
プレミアムブックのすごいところは、なんと、トートバッグとスカーフが一つずつ付録でついてくることです。しかも2007年発行の「クリスタルボール/ ガルシアマルケスゴーシュ・プレミアムブック vol,2」では5種類のカラー・デザインから選べます。
いずれのロゴプレートにも、トランスメディア社とのコラボレーションを示す「NYLON」の文字が入ってます。ツワモノは全種類買うようで、ネットショップ(といっても楽天ブックスなど本屋)でも5個セットが売られているので驚きます!
ガルシアマルケスゴーシュが欲しいけれど、高くて手が出ないわ〜という方はまず、プレミアムブックの付録を持つところからはじめるといいかもしれませんね!そしてフィーリングが合えば、購入する・・・それが間違いないと思います。
ただ、値段が値段ですので、付録ののバッグやスカーフはそんなにしっかりしたものではありません。バッグは裏地もありません。でもガルシアマルケスのバッグというだけで、なんだかいい気分になれるような感じがします。お弁当入れにするにはちょうどいいかも知れませんね。

コラム > ガルシアマルケスゴーシュ プレミアムブックを買おう!について書かれています。

ガルシアマルケスゴーシュ  名前の由来は?

カテゴリー :ガルシアマルケス ゴーシュ

ガルシアマルケスと呼ぶ人が多いですが、正確なブランド名はガルシアマルケス・ゴーシュ(GARCIA MARQUEZ gauche)です。
ガルシアマルケスと言えば、南米出身のノーベル賞作家の名前で有名ですが、このブランド名はその作家の名前から直接とったものではないようです。ブランド名をつけるとき、最初は石丸氏が好きなアンディ・ガルシアとホアキン・コルテスの名前をくっつけて、「ガルシア・コルテス」にしようと思ったそうですが、「それってガルシア・マルケスに似てない」と言われて最終的にガルシアマルケスにしたそうです。
ところで最後の「gauche」って何でしょうかね。フランス語の辞書を引くと「gauche」は左という意味ですが、なぜゴーシュなのかは石丸氏にしかわかりませんね(笑)
ガルシアマルケス ゴーシュは最近はサブブランドを出てきているようですね。公式サイトを検索してみると、クリスタル・ボール(Crystal Ball)by ガルシアマルケス・ゴーシュになっているし、ビリーフと共同事業の新ブランド「ミモ・デザインド・バイ・ガルシアマルケスゴーシュ」というものもあります。
「2avril(ドゥアブリル) by ガルシアマルケス」では、ジェーン・バーキンの夫であり芸術家である「ゲンズブールの愛した女性達」をコンセプトにエレガントでスポーティーな女性をイメージしたアイテムを展開していますよね。そのどれもが個性的で素敵なブランドです。外国的なイメージが強いですが、メイド・イン・ジャパンというところがとてもいいですね!

コラム > ガルシアマルケスゴーシュ  名前の由来は?について書かれています。

ガルシアマルケスゴーシュのデザイン

カテゴリー :ガルシアマルケス ゴーシュ

ガルシアマルケスゴーシュの製品のデザインにはよく犬が登場します。製品だけでなく、サブブランドのクリスタル・ボール(Crystall Ball)などではロゴそのものに組み込まれていたりします。モデルの犬はボストンテリアという種類だそうですが、名前をヒッピーといい、ガルシアマルケスのクリエイティブ・ディレクターである石丸氏の愛犬だそうです。バッグのデザインの中で海賊になっていたり、踊っていたり、はたまたANA限定トートではパイロットになっていたりと大活躍のヒッピー君です。
ヒッピー君とならんでガルシアマルケスゴーシュの製品でよく使われているのが、トランプのクラブに似たデザインです。クラブと違うのは3枚の葉っぱのうちの真ん中葉が丸くなく、鋭く尖ってトランプのダイヤの形になっているところです。世間ではスタークローバーとか、ダイヤモンドクローバーとか、あるいは単にクローバーと紹介されるいることもありますが、なんと呼べばよいのか、正式な名称はわかりません。

コラム > ガルシアマルケスゴーシュのデザインについて書かれています。